RPAフリーソフト3選~無料トライアルがあるツール6選も合わせてご紹介~

RPAとは、Robotic Process Automationの略です。RPAを導入する際、効果を確認するには無料トライアルがあるRPAツールと無償のフリーソフトが有効です。まずは無料のRPAツールを使用するメリットを紹介します。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
知識

目次

  1. 大きく3つ!無料のRPAツールやフリーソフトを試すメリット
  2. 逆にRPA導入によるデメリットはある?
  3. おすすめのフリーソフト3選
  4. おすすめの無料トライアル6選
  5. まとめ

大きく3つ!無料のRPAツールやフリーソフトを試すメリット

RPAとは、Robotic Process Automationの略です。RPAを導入する際、効果を確認するには無料トライアルがあるRPAツールと無償のフリーソフトが有効です。まずは無料のRPAツールを使用するメリットを紹介します。

無料でRPAを導入できる

ツールを無料で使えるということが大きなメリットです。予算をとれないというときにも無料なら試してみることができます。フリーソフトで使用感を確かめてみるのも良いでしょう。

本当にRPAを導入するかどうか検討できる

実際に使ってみて、ツールの導入を検討できます。サイトの情報だけで判断するよりも無料で試したほうが、導入を適切に判断できるでしょう。

RPAに対するイメージと現実の違いに気付ける

RPAを使ってできることのイメージは人によって様々です。無料のツールを使用することで、実際になにができるのかが明らかになります。チームの目線合わせをするという意味でも、無料のツールを使ってみるといいでしょう。

逆にRPA導入によるデメリットはある?

RPAの導入時にはデメリットについてもおさえておく必要があります。デメリットを明らかにするという意味でも無料のRPAツールを使ってみるべきです。

RPAを利用できるアプリケーションに制限がある

RPAの無料トライアルで、利用できるアプリケーションの制限が明らかになる場合があります。シナリオを作成する際や、ダウンロードしたコンテンツをエクセルに書き出す工程で、RPAに対応しているかどうか明らかになる場合があるでしょう。

RPA導入/運用サポートが不十分な場合がある

新しいソフトウェアを導入するときにはサポート体制が重要です。RPAの操作は簡単なものばかりではなく、ユーザー個人の学習が必要な場合もあります。日本語での運用サポートがないRPAでは不安を感じてしまうでしょう。実際にどんなサポートが受けられるかは、無料版の使用を通じて試してみるべきです。

RPAのメリットを感じられない可能性も

無料版のRPAをお試し利用したとしても、サポートが日本語化されていない、画像認識がうまくいかない、Macでは使えないといった理由でメリットを感じられない恐れもあります。とりあえず導入を決めたもののあとから後悔するということがないように無料のRPAを使用し、機能を確認しましょう。

おすすめのフリーソフト3選

ここからはRPAのフリーソフトを紹介します。フリーソフトとは、無料でインストールできるソフトのことです。2020年に活用したい3選を紹介します。

RPAフリーソフト①RPA Express

RPA ExpressはWork Fusion社が手がけるRPAツールで無料版のRPA Express Starterと有料版のRPA Express Proがあります。無料版のRPA Express Starterであっても、レコーダー機能や組み込みOCR、アプリケーション・エクセル操作など、機能は充実しています。

RPAフリーソフト②UiPath

UiPathは条件の異なる様々な価格帯のサービスを提供しているRPAです。無期限の無料版であるコミュニティクラウドはフリーソフトとして活用できます。無料版から有料版へのグレードアップもスムーズに行うことができます。

RPAフリーソフト③UWSC

UWSCはWindowsの作業を自動化する無料RPAです。キーボードとマウスの動作を記録し、記録内容を再現します。無料ながら単純作業にかかる無駄を省き、業務を効率化できます。また、UWSCには無料版と比較してさらに機能が充実した有料版も用意されています。

おすすめの無料トライアル6選

次に無料トライアルが用意されているRPAツールについて説明します。2020年に活用したい6選を紹介します。

RPA無料トライアル①RoboTANGO

RoboTANGOはパソコン画面を録画することでロボが作成できるので、初心者でも使用でき、業務効率化・生産性向上を実現できるRPAです。働き方改革を目指す企業にとって強い味方となるRPAでしょう。RoboTANGOは、デスクワークにおける単純作業を自動化し、手作業よりも正確かつ効率的に業務を進行します。また24時間365日休みなく稼働できるため、働き方の改善や生産性の向上に期待できます。

RPA無料トライアル②Robo-Pat

Robo-Patは、「事業部門が自分で自動化できるRPA」という考え方で生まれました。導入企業では、これまでのシステム導入、保守・運用によって生まれてきた課題を事業部門の現場で解決しています。機能としてすべてのシステム・アプリケーションの操作が可能なだけではなく、高度な画像認識や識別精度の使い分け、待機、エラー回避なども搭載されたRPAです。

RPA無料トライアル③BizteXcobit

BizteX cobitは、人間の代わりにワンクリックで定型業務を代行するクラウドRPAです。データ入力やデータ収集などの単純業務任せることができ、RPA導入によって生産性が向上します。専門知識不要で使えるRPAとして、直感的で簡単に誰でもロボットを作成できます。RPAが人的ミスを最小化して品質向上を実現します。

RPA無料トライアル④WinActor

WinActorはNTTグループで研究・開発された技術とノウハウが詰まったRPAです。Windows上で操作可能なアプリケーションや個別の業務システムを自動化します。多くの企業に導入され、定型業務の省力化や作業効率と品質の向上に貢献し、人材を付加価値の高い作業へ最適配置してきました。オンランでのハンズオンセミナーなどの機会も豊富で、導入実績は2000社にのぼります。

RPA無料トライアル⑤BizRobo! Mini

BixRobo! Mini!はスモールスタートを強みにするRPAです。無料導入から有料版に切り替えたあとも低コストで、業務効率化を図ることができます。初心者であってもトレーニングや研修なしで使用できる点が魅力で、中小企業を中心に導入実績があります。

RPA無料トライアル⑥Automation Anywhere

Automation Anywhereの特徴は製品のバリエーションの豊かさです。Automation Anywhere Enterprise、Enterprise A 2019、Process inVision、AISenseなど、様々RPAがあり、自社に最適なツールを選択し、活用することができるでしょう。Webで無料トライアルの診断を受けられる点も魅力です。

まとめ

多くの企業にとって導入メリットのあるRPAですが、コストをかける前に機能を確認する必要があります。無料で使えるRPAのフリーソフトやトライアルを活用すれば、安心してRPAを導入することが可能です。RPAの導入を考えているなら、無料で使えるツールやチャンスを活用しましょう。RPAには数多くの種類があるため、複数の無料RPAやトライアルを試してみてもいいでしょう。

RPA導入事例集

業務効率化 働き方改革 自動化 生産性向上 内部統制
エンジニア 管理職 総務 人事 営業事務 経理 経営者 IT担当者

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

まずはご相談

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。

 資料ダウンロード

 セミナー受付中