OCRのセミナーに参加するときの準備は何が必要?

OCR(光学文字認識)の導入をしたいけれど、どのような情報を集めて比較すればよいか、お困りの方もいるかもしれません。OCRの情報収集には、短時間で詳細を理解できたり人脈を作れたりするセミナーがおすすめです。今回はOCRセミナーの内容や探し方、参加するときの心構えと準備、当日の過ごし方、セミナー後にやるべきことなどを紹介します。OCRセミナーへの参加を検討している方、セミナーの活用方法を確認したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
知識

目次

  1. OCRセミナーはどんなものがある?
  2. はじめてOCRセミナーに参加するときの準備
  3. セミナー当日の参加姿勢
  4. セミナー終了後こそチャンス
  5. 社内で情報を展開しよう
  6. まとめ

OCRセミナーはどんなものがある?

OCRのセミナーは、「OCRとは?」といった基礎的な内容から、AIやRPAなどを組み合わせた技術の提案まで、さまざまテーマで開催されています。業界や導入目的に合わせて、セミナーに参加してみましょう。

セミナー情報.COM

セミナー情報.COM」は、全国のビジネス・コミュニケーション・投資などのセミナーを掲載するサイトです。口コミや評価から検索ができます。

connpass

connpass」は、エンジニアをつなぐ IT勉強会支援プラットフォームとして、ITに特化したセミナーを掲載しています。

こくちーずプロ

こくちーずプロ」は、幅広いセミナーを掲載しており、開催場所や開催日など、細かい条件で絞り込んで検索ができます。

ビジネス+IT

ビジネス+IT」は、ITと経営の融合でビジネスの課題を解決することをコンセプトに、ITと経営を軸としたイベントやセミナーを掲載しています。

週刊BCN

週刊BCN」はIT業界の専門紙で、業界の動向やトレンドを反映したセミナーを多数掲載しています。

セミナーひろば

セミナーひろば」は、不動産や金融、ビジネススキルなど全国の人気セミナー情報を検索できます。

はじめてOCRセミナーに参加するときの準備

OCRセミナーへの参加を決めたら、ノウハウやナレッジを有効活用するために、事前準備を行うことが大切です。

参加目的を明確にする

セミナーに参加することで、何を学びたいのかを明確にしておきましょう。目的を定めておくことで、内容により集中できるだけではなく、得たい情報にたどり着きやすくなります。

関連書籍・サイトに目を通す

セミナー内容に関連する書籍やサイトに目を通して予習しておくことも重要です。疑問点をメモしたり仮設を立てたりすると、当日の内容理解がスムーズになり、効果的な学習につながります。また、講師の方の情報を調べておくこともおすすめです。

セミナー当日の参加姿勢

セミナー当日はなんとなく参加するのではなく、有意義な時間となるように工夫をしましょう。

参加目的を意識する

セミナー参加の目的は、悩みや疑問を解消することです。事前に設定した目的を達成できるよう、集中して話を聞きましょう。参加目的以外にも、業務に活用できるポイントを見つけるなど、積極的な姿勢が大切です。

疑問点や仮説を確かめる

セミナー中は、事前にメモをした疑問点や自分の仮設とすり合わせをします。これらを意識することで情報整理ができ、内容がより身につくでしょう。

セミナー終了後こそチャンス

セミナー終了後は、講師や参加者と交流できるチャンスです。すぐに会場を後にするのではなく積極的に行動して、良質な情報を得られるよう努めましょう。

講師に質問をする

質疑応答の時間で聞けなかった質問や、さらなる疑問点などがあれば講師に質問ができます。感想を伝えても良いでしょう。講師や他の参加者にも配慮し、質問は要点を整理して的確な内容となるよう心がけることが大切です。

名刺交換をする

セミナーは講師や参加者と名刺交換を行うことで、人脈を広げることが可能です。同じテーマに興味を持つ参加者は、さまざまな業界から集まっている場合もあります。そのため、新しいアイディアが得られたり、新しく人やセミナーを紹介してもらえたりすることもあるかもしれません

社内で情報を展開しよう

セミナー終了後には社内で情報を共有し、学んだことを実践することが重要です。

社内で情報共有する

セミナー終了後には、学んだ情報を社内で共有しましょう。内容を見直して整理することで記憶が定着したり、人に伝えることで学びを深めたりすることができます。情報を共有することで、セミナーに参加していない社員からも、新しい発想が出てくるかもしれません。

学びを行動に移す

セミナーで情報を得たら、行動に移さないと参加した意味はありません。さっそく行動に移して、ノウハウやナレッジを活用し、振り返りを行うと良いでしょう。さらに詳しい情報を求めて、他のセミナーに参加したり、より専門的な情報収集を行ったりすることも有効です。

まとめ

OCR導入時の情報取集には、セミナーへの参加が近道です。自社の業界やテーマに合ったセミナーを見つけたら、参加目的を明確にして関連書籍やサイトに目を通すなど、事前準備を行うことが大切です。
セミナー当日は、参加目的を意識して疑問点を解消するよう努めたり、講師や参加者と交流したりすることで、より有意義な時間を過ごすことができます。セミナーで学んだ内容は社内で共有し、自らも行動に移すなど、積極的に活用していきましょう。

RPAに関する資料はこちらよりダウンロードできます。
『業務効率を飛躍的にあげるAI-OCR入門ガイド~RPAとの組み合わせでさらなる効率化が可能に!?~』

業務効率化をRPAで実現!業務効率化を成功に導くポイント3点

業務効率化 自動化 生産性向上
管理職 総務

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

お問い合わせ

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。