RPAコンサルって何をするの?市場のニーズは?

その名のとおり、ロボットが業務プロセスを自動化することによって、労働者の負担を軽減するRPA。少子高齢化にともなう労働人口の減少や、「働き方改革」を推進する時流の中で、その需要は高まり、実際に導入する企業も増えてきました。今回は、RPAを導入する際に欠かせない役割を担う「RPAコンサルタント」について紹介します。RPAコンサルの業務内容やニーズなど、「RPAコンサルとはどのような存在なのか」を解説します。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
知識

目次

  1. RPAコンサルとは
  2. RPA需要の高まりにともない、RPAコンサルの求人も急増
  3. RPAコンサルの業務内容
  4. なぜRPAコンサルに仕事を依頼するのか?
  5. RPAでシナリオを作成するには業務を理解しないと難しい
  6. まとめ

RPAコンサルとは

「RPAコンサルタント」とは、RPA導入に関連するプロジェクトを動かしていく人材のことを指します。企業や部署が業務改善を目的にRPA導入する際に、検討段階からサポートするのがRPAコンサルの役割です。

RPA需要の高まりにともない、RPAコンサルの求人も急増

RPA需要の高まりにともない、RPAコンサルの求人も急増しています。売り手市場のため、提示される報酬も1,000万円以上などと高額な場合が多いようです。経験を積んだ後、独立・起業などのキャリアパスが見込まれています。

RPAコンサルの業務内容

RPAコンサルの業務範囲は多岐にわたります。実際にRPAを導入する前に丁寧なヒアリングをおこない、RPA導入で業務が改善できるか分析。RPA導入によって業務の負荷や時間が削減できるか検証します。ヒアリングの後に、ユーザーに適したツールを選定し、本格導入。ただ導入するだけでなく、ソフトウェア操作のレクチャーやマニュアル作成など、現場で運用していくための体制も整えていきます。運用が開始された後も、随時メンテナンスや相談を受け付け、運用を保守。RPA導入はもちろん、導入前の課題の洗い出しから導入後のアフターサポートまで、一気通貫で支援をおこないます。

なぜRPAコンサルに仕事を依頼するのか?

前述のとおり、RPAコンサルはRPA導入検討から運用保守まで、幅広いフェーズに携わります。そのため、一般的な業務改善を目的としたコンサルタントと違い、高度なスキルが必要です。
課題を見つけ出し、最適なソリューションを提供するコンサルティングスキルに加えて、RPAに関する技術的な知識が不可欠です。実際にツールを使う現場の労働者に的確に操作方法をレクチャーしたり、トラブルに対応したりと、専門的な知識が随所に必要です。
RPAは、ただツールを購入し、導入しただけでは、労働者の負担を削減する、という目的を達するのは困難です。実装すべき機能や満たすべき性能などを明確にし、導入計画を策定・運用すべきだからこそ、コンサルティング能力と技術的な知識を兼ね備えたRPAコンサルに相談するのが最も効率的なのです。

RPAでシナリオを作成するには業務を理解しないと難しい

RPAコンサルには、コンサルティングスキルと技術的な知識さえあればいいかというと、そうはいきません。
RPA導入を検討している企業や部署の目的は、RPAの導入ではなく、コスト削減や人的ミス削減などの業務改善です。RPA化させたい業務を理解しておかないと、「本当にRPAが必要なのか」「その業務を改善するための最適な方法は何か」を見極めることはできません。業務知識がないことには、シナリオロジックは設計できないのです。
また、その業務について一定水準の知識があれば、齟齬のない提案が可能ですし、ヒアリング段階で抜け漏れを抑制することもできます。何より、コミュニケーションが円滑になりますし、ユーザーとの信頼につながります。

まとめ

企業でのRPA導入が進むとともに、RPAのスペシャリストであるRPAコンサルのニーズもさらに急増することが予想されます。事実、いまだ経験者が少ないために、若手SEやエンジニアからのポテンシャル採用などもおこなわれているようです。
プログラミング技術や機械学習、AI技術などとも密接にかかわっているRPAツールは、日々進化を遂げており、RPAコンサルには最新の技術知識と、それらを活用するスキルが要求されます。RPAコンサルは、これからの時代に必要な、高度なスキルをもつ存在といえるでしょう。

RPAに関する資料はこちらよりダウンロードできます。
『RPAで業務を効率化できるのは本当?導入を成功させるポイント3点』

RPAで業務を効率化できるのは本当?導入を成功させるポイント3点

業務効率化 働き方改革 自動化 生産性向上
管理職 経営者 IT担当者

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

まずはご相談

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。

 お役立ち資料をダウンロード

 まずは無料で相談

 資料ダウンロード

 無料相談する