RPA人材に求められる役割とは?育成方法とともにご解説

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
知識

目次

  1. 社内でどう動く?RPA人材の役割とは
  2. 人材をどう確保していくのがベスト?

社内でどう動く?RPA人材の役割とは

業務を自動化・効率化するRPA(Robotic Process Automation)を導入する際、社内での活用を推進するためにはRPAに詳しい人材が必要になります。RPA人材が担う役割に着目し、その必要性を考えていきましょう。

RPA人材の役割

導入の推進

RPA導入の社内推進がRPA人材の最初の役割です。導入するメリットや解決できる問題について、社内に発信します。仲間が導入に対して前向きになってくれるかどうかは、RPA人材の働きかけ次第といえるでしょう。

選定

導入が決定したら、どの業務に対してどんなRPAを活用するかを比較・検討するのもRPA人材の仕事です。選定に関しては現場の声をくみ取り、導入後にしっかり活用してもらえるツールを選ぶ必要があります。

一方で現場の声をうのみにすべきではありません。現場の課題がRPAで解決すべきものなのかを、第三者の目で冷静に判断しましょう。削減が見込める手順や工数などを分析し、現場とすり合わせていくことが重要です。

設計

RPAツールと対象業務の選定ができたら、既存の業務にどのようにRPAを組み込んでいくかを設計します。業務フローの全体像がわかる設計書を作成し、RPAで効率化すべき業務を可視化しましょう。

開発

設計書に従い、RPAツール内でロボットを作成します。ロボットの作成に際して、RPA人材にプログラミングの知識がないという必要な場合は社内のシステム系人材の力を借りるのも1つの方法です。

社内でのサポート

RPAが社内でしっかり活用されるためには、全員がその使用方法を覚えていく必要があります。RPA人材は社内でツールの使用方法をレクチャーし、仲間からの疑問や要望に応えていきます。

保守

RPAツールの運用がスタートしたあとには、エラー対応・問い合わせ対応を行います。この部分についても社内にシステム系の人材がいれば、協力をあおいでもいいでしょう。

ロボットの追加作成

多くのRPAツールは導入後に運用しながらロボットを追加作成し、機能を充実させることができます。RPA人材は導入後も現場の声に耳を傾け、新たなロボット作成を行います。

RPA人材は上記のように様々な役割を担う存在です。1人での対応が難しい場合は社内のメンバーにサポートを依頼しましょう。RPA人材の対応が導入・運用がうまくいくかどうかを左右します。

人材をどう確保していくのがベスト?

RPAの導入に必要なRPA人材を確保するにはどうすればいいのか。次に人材確保の具体的な方法について紹介します。

社内での人材育成

RPAの開発元では、該当するRPAツールを使用するための育成プログラムや勉強方法の指導を実施している場合がほとんどです。たとえば。RPAツール「ロボパット」を開発・提供している株式会社FCEプロセス&テクノロジーはRPAの機能だけでなく、手厚い研修体制を全面に押し出しています。

また、開発元以外の企業でも、独自のRPA研修講座を提供する会社があります。社内から代表者を選出し、何らかの形でRPA人材になるための研修に参加し、理解を深めましょう。

社内でRPA人材を育成すれば、既存の業務フローや現場の雰囲気を知っている分、RPAの運用をスムーズに広めていけます。また、新たな人材を採用する必要がないため、人件費をおさえられ、RPA導入にかかる全体のコストを軽減できます。

難点としては、短期間の勉強ではエキスパートになるのは困難だということです。すべてに1人で対応できる人材になることを期待すべきではないでしょう。

中途採用

RPAの導入を素早く推進し、長期的に運用したいと考えるなら、RPAの運用経験がある人材を新たに採用する方法があります。ただし、RPA人材はエンジニアのなかでも数が多くないので、通常の求人広告を使用するより人材紹介によって採用するほうが効率が良いでしょう。

しかし、人材紹介の紹介料は年収の30%前後が相場で、大きなコストになることが想定されます。紹介料がRPAに関わる予算を圧迫する場合は無理に採用はすべきではないかもしれません。

派遣サービスの活用

導入後の一定期間だけRPA人材にいてほしいという場合は、期間の定められた派遣サービスを活用し、人材を確保することを検討してもいいでしょう。たとえばパソナホールディングスのパソナテックがIT業界に特化した派遣サービスを提供しています。

派遣サービスは派遣会社側がスタッフのスキルや経験を理解したうえで、人材を必要とする企業に適切な人材を派遣します。RPAの導入で手一杯で、人材採用まで手が回らない企業におすすめのサービスです。

RPA技術者検定のような資格は取得者がまだまだ少なく、有資格者を確保するには時給が高くなってしまいがちなので注意が必要です。また、派遣スタッフは契約期間があるため、期間終了後にRPAを運用できなくならないように、派遣期間中に社内体制を整えなくてはなりません。

アウトソーシング

RPA人材は年々需要が高まっている存在であり、人材が不足している状態です。近年では2018年に総務省が各自治体でのRPA活用事例をまとめるなど、業界問わず求められる人材となっています。

結果として、人材を採用するのではなく、RPAの導入や運用自体をアウトソーシングする事例もあります。イチからRPAをスタートする際に、RPAツール本体、専門人材、社内調整、コスト面などを1つ1つ考えることは容易ではありません。

RPAにチャレンジする際には、外部の専門家にまるまるアウトソーシングするほうがうまくいく場合もあります。RPA単体での運用はもちろん、BPMやRPMなどそれぞれの分野に特化した人材から支援を受けることができる点が大きな魅力です。

BPMとはBusiness Process Managementの略で、業務プロセスに着眼して課題を分析する業務改善手法を指します。また、RPMとはRecruitment Process Managementの略で採用管理システムを意味します。

「RPAをスピーディに導入したい」、「初めてのRPA導入で失敗したくない」といった思いがあるなら、人材の採用ではなくアウトソーシングを検討してみてもいいでしょう。

アウトソーシングを請け負う企業のなかには、導入・運用支援とあわせてRPA人材の育成も支援してくれる企業もあります。そのような企業のサービスを選べば、一定期間アウトソーシング活用したのちに社内運用に切り替えることも可能です。

RPA導入のために人材確保が必要な際には、社外人材のスキルをシェアする方法も検討することで、導入初期にかかる負担やコストを軽減できます。必ずしも正社員での採用にこだわらず、様々な可能性を検討し、RPA人材を確保することが重要です。

RPA導入事例集

業務効率化 働き方改革 自動化 生産性向上 内部統制
エンジニア 管理職 総務 人事 営業事務 経理 経営者 IT担当者

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

まずはご相談

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。

 お役立ち資料をダウンロード

 まずは無料で相談

 資料ダウンロード

 無料相談する