RPAおすすめツール7選を3種類に分けてご紹介

RPAはロボットによって業務自動化するツールやソフトウェアのことです。近年ではAIの進化によってRPAの対応可能業務が増え、海外・日本ともに導入事例が増えてきています。この記事ではいろいろなツールの中から、RPAおすすめ7選を紹介します。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
知識

目次

  1. そもそもRPAとは?おすすめの前に概要をご説明
  2. RPAを3種類に分けて特徴を解説
  3. おすすめのツール7つをご紹介
  4. 自社に適したサービスはどうやって選べばよいか?
この記事を書いた人
櫻澤佑季
櫻澤佑季(さくらざわ ゆき) 
スターティアに営業として入社後、同年グループ会社のスターティアラボにて約300社のホームページのコンサルティングを担当。 2018年事業部の分社化によりMtame(エムタメ)に転籍。2019年よりスターティアレイズにてマーケティングに従事。

そもそもRPAとは?おすすめの前に概要をご説明

RPAの具体的な機能としては、事務業務の効率化から画像認識・処理の自動化、データ抽出など様々です。幅広い分野で活躍することが期待され、RPA関連の有資格者求人も増えてきています。同時におすすめツール比較表やおすすめランキング、価格比較を紹介するサイト・書籍も増加中です。

企業によっておすすめのRPA製品は様々ですが、各製品サイトの導入企業一覧には数多くの企業名が並び、日本での浸透が進んでいることがうかがえます。国内シェア上位のRPAベンダーは導入セミナーを実施し、さらなる浸透を図っています。

また、最近では有料製品だけでなく、フリーソフトや無料トライアル可能なRPAも増えてきました。この記事ではそのようなRPAのおすすめツールを紹介します。

RPAを3種類に分けて特徴を解説

RPAの種類①デスクトップ型RPAorサーバー型RPA

デスクトップ型RPAとサーバー型RPAの違いはどこでRPAツールを稼働させるかということです。1つのPC上で稼働するものがデスクトップ型RPAで、サーバー上で稼働し、複数のPCで機能するのがサーバー型RPAです。

RPAツールを1人の担当者が使用したいという場合はデスクトップ型RPAがおすすめですし、チーム単位で複数のメンバーの使用が想定される場合はサーバー型RPAがおすすめです。

RPAの種類②オンプレ型RPAorクラウド型RPA

オンプレ型RPAとクラウド型RPAの差は自社内にRPAツールがあるかどうかということです。オンプレ型RPAは自社PC内・サーバー内で稼働するRPAツールを指し、クラウド型RPAは社外のクラウド上で稼働するRPAツールを指します。

オンプレ型RPAがおすすめな点は社内にRPAツールを置くことで、管理ツールが機能しやすくセキュリティ面での安全性が高まります。一方クラウド型RPAがおすすめな点としては、ストレージの拡張性とアクセスの利便性が高い点があげられます。

RPAの種類③汎用型RPAor特化型RPA

汎用型RPAはその名の通り、様々な業務に対応するRPAツールです。一方、特化型RPAは特定の業務・分野に特化したRPAツールです。

汎用型RPAは様々な業務・部署でRPAツールを活用したいと考えている企業におすすめです。特化型RPAは経理や勤怠管理といった限られた領域の業務においてRPAツールを活用したい場合におすすめです。

おすすめのツール7つをご紹介

2021年1月時点でのおすすめRPAツール7選を紹介します。前述の3つの観点に当てはめ、一覧表にまとめています。いずれも日本語に対応し、これからRPAを導入する企業におすすめのツールです。

製品名

(ベンダー名)

デスクトップ型

or

サーバー型

オンプレ型

or

クラウド型

汎用型

or

特化型

備考

WinActotr

(NTTデータ)


デスクトップ型
オンプレ型/クラウド型 汎用型 スモールスタート向き

Robo-Pat:ロボパット)

(FCEプロセス&テクノロジー)

デスクトップ型 オンプレ型 汎用型

画像認識によるロボット作成に特化

BizteXcobit

(BizteX)

サーバー型 クラウド型 汎用型

国内初のクラウド型RPA

RPA Express

(WorkFusion)

サーバー型 オンプレ型 汎用型 無料からスタートし、幅広い業務に対応

Blue Prism

(Blue Prism)

サーバー型 オンプレ型/クラウド型 汎用型 大規模導入可能、siemensなどの大手企業が導入

UiPath

(UiPath)

デスクトップ型/サーバー型 クラウド型 汎用型 国内市場シェアNo. 1、東証一部上場企業の導入事例多数

Robo TANGO

(スターティアレイズ)

サーバー型 クラウド型 汎用型 低価格でスタートでき、サポート充実

 

 

自社に適したサービスはどうやって選べばよいか?

ここまでRPAの種類とおすすめツールについて紹介しました。自社に適したサービスを選ぶ際には下記のようなポイントを参考にするといいでしょう。

RPA選択の検討ポイント

・ブラウザ作業中心か、パソコン内のシステムを利用した作業中心か
RPAツールをどこで稼働させるかは重要なポイントです。ブラウザ上でRPAを活用したいならクラウド型RPA、特定のパソコン内でだけでいいならデスクトップ型RPAがおすすめとなります。

・部署単位での導入か、全社での導入か
部署単位であれば、特定のPCを交代で使用するということが可能ですが、全社導入となるとそうもいきません。全社でRPAツールを活用したい場合はサーバー型RPAを導入し、複数端末で使用できるようにすべきです。

・コストによる比較
クラウド型RPAは無料・低価格でスタートできる一方で機能や使用アカウントを増やしていくと費用が膨れ上がる傾向があります。コストでRPAツールを比較する際には想定される使用方法に合わせて検討することをおすすめします。

・ロボット作成による比較
汎用型RPAは幅広い業務に適応できて便利な一方で、ロボット作成の手間がかかるものでもあります。価格を抑えるなら運用でコストがかかることはさけたいものです。ロボット作成の工数を軽減するという意味で特化型RPAを導入する方法もあります。

まとめ

近年ではOSS(オープンソースソフトウェア)で自由にカスタマイズできる製品や、Factory Automationといった現場よりのサービスも充実してきているRPAツール。様々な種類があって迷うという場合は一度無料ツールから試してみて、本格導入を検討する方法もおすすめです。

RPA導入事例集

業務効率化 働き方改革 自動化 生産性向上 内部統制
エンジニア 管理職 総務 人事 営業事務 経理 経営者 IT担当者

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

まずはご相談

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。

無料セミナー情報のご登録

こちらのフォームよりご登録頂くことで、無料セミナー情報や

その他お役立ち情報を定期的にお送りいたします。

*チェックボックスをチェックしてください

 お役立ち資料をダウンロード

 まずは無料で相談

 資料ダウンロード

 無料相談する