RPAの情報収集を展示会で!でも何を聞けばいいの?

業務の効率化や自動化の観点から昨今盛り上がりを見せている、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。その情報収集に際しては、IT企業が一堂に会する展示会がおすすめです。特に、毎年定期的に行われている大きな展示会の場合、参加企業が多く、最新のトレンド情報も手に入りやすいです。展示会では、時間を無駄に費やさないためにも、ブースを見たり質問をする際は、コツを掴んで効率的にまわりたいものです。この記事では、実際にRPA関連でどんな展示会があるのかという基礎知識をはじめ、ブースのまわり方やブースで質問するべき事項、展示会で得た情報をその後どのように活かしていくか、などを解説していきます。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
入門編

目次

  1. RPAに関する展示会の種類
  2. いざ展示会へ!ブースのまわり方をご紹介
  3. 気になるブースを発見!でも何を聞けばいいの?
  4. 疑問点解消!社内に戻り情報共有を
  5. 展示会後のフォローを受けよう
  6. まとめ

RPAに関する展示会の種類

近年注目を集めているRPAに関しては、中小規模の展示会やセミナーなども随時行われていますが、ここでは規模の大きな展示会として有名なものを紹介します。

1つ目は、日経BP社の主催する「デジタルイノベーション」「日経×TECH EXPO」、そして2つ目が見本市主催企業である「リードエグジビションジャパン株式会社」が主催する「AI・業務自動化展」です。

これらは関東と関西を中心とした開催となりますが、「デジタルイノベーション」は九州・名古屋・札幌がそこに加わります。

各展示会の2020年の開催情報は下記の通りです。

デジタルイノベーション2020

  • <東京>2020年2月18日・19日(ザ・プリンスパークタワー東京)
  • <関西>2020年5月28日・29日(グランフロント大阪)
  • <九州>2020年6月9日・10日(福岡国際会議場)
  • <名古屋>2020年6月24日・25日(吹上ホール)
  • <札幌>2020年7月1日・2日(ロイトン札幌)
  • 公式HP:https://expo.nikkeibp.co.jp/dinv/

日経×TECH EXPO 2020

AI・業務自動化展

なお、展示会に入場するためには基本的に招待券が必要です。会社で一括して取り寄せている場合が多いので、社内担当者に確認すると良いでしょう。

いざ展示会へ!ブースのまわり方をご紹介

展示会はRPAに関する情報の宝庫です。しかし、行くだけで自社のビジネスの展望が見えるかというと、決してそうではありません。展示会での滞在を有意義にするためには、どう会場内をまわるかがポイントです。

現地に着いたら始めに、展示会全体を大まかに把握しましょう。この「大まかに」というのが重要で、ここで時間を長くかけては非効率です。既に目星をつけているブースや企業がある場合でも、まずは会場図をもらって、場内をサラッと一回りしましょう。全く訪問を考えていなかった、優良な企業ブースを発見できるかもしれません。

この段階が終わったら、事前にチェックしていたブースを個別に訪ね、名刺交換をした後、詳しい話を聞きます。

気になるブースを発見!でも何を聞けばいいの?

展示会へ行く人の多くは、自社業務へのRPA導入を検討しており、出展している企業はRPAのエキスパートです。ただツールの紹介を受けるだけではなく、この機会にどんどん不明点や興味がある内容を聞きましょう。
とは言え、質問内容は要点を押さえたものでなければなりません。具体的には下記のような項目を聞いてみて下さい。

<各ブースで確認したい内容>

  • RPAツールの価格、仕様、リードタイム、新技術内容
  • 当該代理店が自社のRPA導入にどの程度協力してくれるか
  • 取り扱っているRPAツールが自社の業務効率化に適切かどうか
  • アフターサポート
  • 過去の導入実績や導入企業
  • お試し導入期間を設けているか

なお、質問事項は必ず事前にメモを取っておき、先方からの回答もその場で書き加えていきましょう。

疑問点解消!社内に戻り情報共有を

通常、会社では展示会への訪問を出張としてみなすため、社に戻ったら展示会で得た結果を上司はじめ課や係のメンバーに伝える必要があります。大抵は報告書として提出します。

どの代理店のどのツールが自社に合っていそうか、それはどんな点で優れているのか、実際に導入する場合の見積もり費用はいくら位かなど、共有したい事項を漏れなく、読みやすくまとめます。

報告書の内容に基づいて社内で協議し、より詳しい内容を聞いてみたいと思う代理店には、再度こちらから連絡を取ってみると良いでしょう。
展示会での有益な情報を、自分個人で完結させず社内で共有することで、担当メンバー間の意見交換も活発になり、より自社にフィットしたRPAツールの導入に繋がります。

展示会後のフォローを受けよう

展示会訪問のメリットは、単なる情報収集に留まりません。当日名刺交換をした代理店からは、フォローとしてお礼メールや営業の電話がかかってくるでしょう。沢山のブースで話を聞いた場合はその数も多くなりますが、それらを無下にするのではなく、可能な限り1件ずつ吟味することが大切です。実際に先方の営業担当に会うことで、自社との相性やより詳細な情報を知ることができ、ひいては検討のレベルを上げることができます。

まとめ

今や国内の大企業も導入・活用しているRPA。
今回紹介したような大型の展示会は、出展業者が多く選択の幅が広がりますが、その反面、上手にブースをまわらないと時間ばかりが無駄に過ぎてしまいます。訪問前に興味のある業者を絞っておくことに加え、「時間の効率化を意識すること」、そして「質問内容の事前準備」が大切になります。気になる代理店は公式HPでチェックすることもできます。展示会での情報収集をきっかけに、ぜひ自社に最適なRPAツールを見つけて下さい。

RPA導入事例集

業務効率化 働き方改革 自動化 生産性向上 内部統制
エンジニア 管理職 総務 人事 営業事務 経理 経営者 IT担当者

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

まずはご相談

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。

 お役立ち資料をダウンロード

 まずは無料で相談

 資料ダウンロード

 無料相談する