無料でお役立ち資料をダウンロード

【経理・会計部門向け】RPA導入に向いている業務は?事例で学ぶ活用方法

  • 働き方改革
  • 自動化
  • 生産性向上
  • 経理

企業が業務効率化を推し進めると同時に、「RPA」が注目を集めるようになりました。
RPAとは、ロボットを活用して業務プロセスを自動化することを指し、主にデータ入力などの定型業務に取り入れられています。
特に経理・会計業務は、定期的に発生する業務が多かったり、月末月初など一定時期に大きく負荷がかかったりする場合が多いので、RPAの活用には向いている業務だと言えるでしょう。
例えば、給与計算や交通費計算、決算処理、税務報告書、有価証券報告書の作成などの業務は、RPAで自動化できる業務の一例として挙げられます。
今回は、RPAが経理・会計業務の効率化をどうサポートするのかを、RPA導入のコツや導入事例と合わせて紹介します。

目次

    • はじめに
    • RPAとは
    • RPA×経理・会計の業務がマッチする理由
    • RPAで自動化できる経理・会計の業務
      ・給与計算
      ・交通費計算
      ・決算処理
      ・税務報告書、有価証券報告書の作成
    • RPA導入事例
      ・A社(入金の消し込み、税金計算)
      ・B社(データの登録、仕分け、ダウンロード)
      ・C社(売上データの照合)
    • RPA導入のコツ
      ・業務の見える化を徹底する
      ・現場が率先してRPA導入に取り組める環境をつくる
      ・5つの視点でRPAソフトを検証する
      ・RPAを導入した先の展開まで見据えておく
    • おわりに
会社名必須
名前必須
E-mail必須
電話番号必須

※フリーメールはご利用いただけません。
※同業他社様からのダウンロードはご遠慮いただいております。

個人情報保護方針」「個人情報の取扱い」に同意の上、上記のフォームにご入力をしてダウンロードボタンをクリックしてください。



SiteLock

このメールフォームは個人情報保護のためSSL暗号化通信により保護しており、情報の改ざん・漏えいなどの危険から守られ、安全に通信することが出来ます。

関連資料

お問い合わせ

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。