スターティアレイズの
RPA×AI-OCRソリューション

RPAAI-OCRが連携した業務効率化

  • TOP
  • RPA×AI-OCRソリューション

RPA × AI-OCR で
書類業務を効率化しましょう

RPAとAI-OCRを利用して業務自動化の範囲を拡大することができます。
紙の発注書や見積書をもとにした注文管理システムへの受注処理、
手書きのアンケートのデータ集計、発送・集荷伝票の集計など、
手書きの書類をAI-OCRで読み取りデータ化する業務をRPAツールを使ってさらに効率化することが可能です。

AI-OCRソフトをご提案
ReiWorQ AI-OCR

ReiWorQ AI-OCRは、手書き文字を高精度でデジタルデータ化することができます。
AI(ディープラーニング)を搭載しており使えば使うほど読み取り精度が向上するので、従来のOCRではできなかった文字と文字のつなぎ目や切れ目の判別、乱筆文字でも正しく読み取ることが可能です。また、クラウドサービスなのでWebブラウザから簡単に操作することができます。

手書き文字の読み取り結果

ReiWorQ AI-OCRの特長

高精度な文字認識

ディープラーニング搭載で、手書き文字・活字文字が高い精度で認識可能!

かんたんな操作

システムに不慣れな現場の方でもかんたんに操作・設定できるユーザーインターフェイス!

ワークフロー機能

ドキュメントの種類によって、さらには項目によって、
人のチェックを行うべきか、全てAIに任せても良いのかをワークフローとして構築。

書類取り扱い業務の課題

「うまく文字を認識できず間違いだらけ...」「フォーマットが違う書類に対応できず融通がきかない...」
「いちいち読み取りの設定を微調整する必要があり面倒...」「1次チェック、2次チェックが必要で時間がかかる...」
従来のOCRは手書き文字認識の精度や運用方法に課題があります。


さらにAI-OCRでデータ化した後に社内システムへの入力、集計表への入力、帳簿への入力など、データ入力を人力で行うことにより人的コストがかかったり、ヒューマンエラーが起こるといった、業務効率、生産性、品質に関わる問題も発生します。

RPAとAI-OCRを組み合わせることで、
手書き書類取り扱い業務のワークフローが変わります!

スターティアレイズは
AI-OCRとRPAの組み合わせを活用し、
紙文書の処理のワークフローの効率化をご提案します。

申請書や申込書、経費書類などの書類をセキュアSAMBAへ取り込み、ReiWorQ AI-OCRでCSVへ出力します。
CSVへ処理されたデータは、RPAを使って各業務ツール・システムや集計表などの別のExcelファイルに自動で入力されます。

スキャンされた書類データをオンラインストレージへ自動的にアップロードすることでファイルの一元管理が可能となり、
さらなる業務効率化につながります。
また、読み取った書類データを安全に管理できるため、セキュリティ面も安心です。
今まで必要だったチェック作業やヒューマンパワーを使った入力作業がなくなり、コア業務へリソースを集中することが可能です。
※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

誤差が許容されるような項目はそのままCSVに処理、読み取った文字が間違っていないかチェックが必要な項目は人の目で確認してからCSV処理、
といったチェックの有無を選択することが可能なので、書類の種類に合わせた柔軟な運用が可能です。

スターティアレイズのRPA☓AI-OCRソリューションで解決できること

  • merit01

    ディープラーニングを搭載した文字認識精度の高いAI-OCRなので、チェック作業のコストを削減することが可能です。

  • merit02

    RPAと組み合わせによる書類データの入力業務を効率化。コア業務に人的リソースを集中することができます。

  • merit03

    RPAとAI-OCRを組み合わせることで、書類の入力作業のミスを減らすことができるので、作業品質の向上が見込めます。

RPA × AI-OCR で
よくあるご質問

  • Q.

    RPAとAI-OCRを連携させると具体的にどのような業務を効率化できますか?

    A.

    これまで人が書類を見ながらパソコンに入力作業していたような処理を自動化することができます。
    AI-OCR ⇒ 書類の文字をデータ化
    RPA ⇒ データ化した情報を社内システムに自動入力 等
    <自動化できる具体例>
    ・FAXで届いた受注伝票の内容を社内の受発注システムに入力
    ・セミナーなどで回収したアンケート結果をエクセルでとりまとめ
    ・過去の書類をデータ化してテキストデータとして保存

  • Q.

    他社のRPA☓AI-OCRのソリューションとどこが違いますか?

    A.

    ツール継続率90%以上のRPAツールと手書き文字の識字率90%以上を誇るAI-OCRツールを組み合わせることでさらなる業務効率化を促進します。
    ツールごとに担当者は分かれることなく、導入前から導入後のフォローまで一貫して専任の担当者がサポートしております。

  • Q.

    RPA☓AI-OCRソリューションを導入する場合、気をつけることはありますか?

    A.

    明確な目的やどんな業務をRPA、AI-OCRに代えるのを具体的に決める必要があります。また、1~10までのすべての業務を自動化させようとする企業様がいらっしゃいますが、スモールスタートを行うことをお勧めします。
    現場の業務担当者を中心にどんなツールが良いのか、いつからスタートするのが良いのか検討を重ねましょう。

  • Q.

    RPAとAI-OCRを導入する場合、期間はどのくらいかかりますか?

    A.

    最短でトライアル含めて1ヵ月程度で本導入を始められます。そのためには事前に対象業務の洗い出しや業務フローの確認が重要となります。

  • Q.

    導入コストはどのくらいかかりますか?

    A.

    おおよその初年度コストとして、
    RPA=100万円程度~
    AI-OCR=270万円程度~ ※2年目以降120万円~
    程度の費用が必要となります。
    特にAI-OCRについては一定数以上の書類処理ボリュームが無いと費用対効果が望めないケースもあるため、詳しくは問い合わせフォームからご相談下さい。

弊社サービスやRPAについてなど、その他にもよくあるご質問をまとめています。

ReiWorQ(レイワーク)がご提案するRPA×AI-OCRソリューション
RPAとAI-OCRを活用して手書き書類の取り扱い業務を効率化しませんか

お問い合わせ

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。