よくあるご質問

FAQ
  • TOP
  • よくあるご質問

RPAの導入やサポート体制、Robo-Pat・WinActorの機能についてのよくあるご質問をまとめています。
※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

導入

Q.

どんな業務を自動化したらよいのでしょうか?

open

A.

現場で困っている業務を洗い出すことからはじめましょう。
当社担当者がご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。

Q.

自社の業務にRPAが向いているかわかりません。

open

A.

ぜひ普段の業務の内容をお聞かせください。現場で困っている単純業務や定型業務が見つかるかもしれません。お客様の業務規模に合わせたソリューションをご提案いたします。
また、自動化する業務の抽出や洗い出しもお手伝いいたします。

Q.

特定の業種・部署はRPAが向いていないということはありますか?

open

A.

特定の業種・部署に関係なく、PC業務でキーボードとマウスで操作する作業であれば自動化することができます。
ただしある程度の定型化がされているもしくはできることが前提であり、都度の人の判断が必要となる処理には向いておりません。

Q.

お試しやトライアルはできますか?

open

A.

お試し、トライアルは可能です。
また、ご要望に応じてトライアル期間で勉強会を実施いたしますのでご安心下さい。

Q.

体験版の利用期間を教えてください。

open

A.

Robo-pat、WinActorどちらも1ヶ月間お試しいただけます。

Q.

見積もりからテスト運用までの流れを教えてください。

open

A.

まずはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
後日弊社営業担当から簡単なヒアリングを実施させていただき、その上で貴社に最適な導入方法をご提案させていただきます。
その後トライアルで実際に使用していただきながらご検討頂けます。

Q.

RPAツールを導入するのに費用はどれくらいかかりますか?

open

A.

お客様の自動化したい業務内容や規模によって変動いたします。
お客様の業務の課題や業務体制をお伺いした上で、最適なRPAツールのご提案をいたします。

Q.

契約の期間を教えてください。

open

A.

【Robo-patの場合】
「月単位」のご契約となります。
使用ライセンス数も月単位で変更することが可能です。
例えば、繁忙期など多くのロボを稼働させる必要がある月は、多くのライセンスをご利用頂き、その翌月は最小数に戻す、という変動的な使い方も可能です。

【WinActorの場合】
「年単位」のご契約となります。
年間ライセンス費用のみで、シナリオ数・処理量とも量的制限なく使用することができます。

Q.

RPAの製品説明やサポート体制を知りたいのですが、パンフレットはありますか?

open

A.

Robo-pat・WinActorの製品に関する資料、弊社サービスに関する資料がございます。
ご希望のお客様には無料でお送りしておりますので、お問い合わせください。

Q.

従業員30名程度の小規模の会社でもメリットはありますか?

open

A.

少人数の企業様でもご活用頂いております。
少人数だからこそ、導入効果もわかりやすく得られるメリットが大きくなるケースもございます。

サービス

Q.

ReiWorQ(レイワーク)の強み・特長はなんですか?

open

A.

お客様自身でRPAをご活用いただくためのトライアルフォローから導入後のサポートまで一貫した対応ができることが強みです。自動化する業務の選定やニーズに合ったご提案が可能です。また、トライアル期間中に個別の勉強会を実施するなど、RPA推進担当者様の操作スキルアップのフォローも行っております。

Q.

サポート体制はどうなっていますか?

open

A.

お困りのことがあれば電話(専用のフリーダイヤル)またはメールでサポートいたします。また、オンライン(Web会議など)での対応も可能です。

Q.

自社の社員だけでロボを作成できるのでしょうか?

open

A.

必要に応じてトライアル期間中に個別勉強会をさせて頂いております。勉強会後に色々な操作をお試し頂くことにより、徐々にご自身でもロボ作成ができるようになります。

Q.

ロボットの作成の支援はしていますか?

open

A.

運用開始後も弊社がサポートいたします。新たな業務のロボ作成時もお気軽にご相談下さい。

Q.

課題の洗い出しや改善の提案はしてもらえますか?

open

A.

自動化する業務の洗い出しや、どの業務を自動化するかの選定をお手伝いいたします。弊社のこれまでのRPAご提案実績を踏まえて貴社の業務に応じた最適な導入方法をご提案させていただきます。まずはご相談下さい。

Q.

セミナーは開催していますか?

open

A.

RPAセミナーを随時開催しております。RPAについて深く知りたい、業務効率化を進めていらっしゃる担当者様は、ぜひお問い合わせください。
詳しくはセミナー・イベント情報をご覧ください。

Q.

訪問営業はしていますか?

open

A.

ご訪問可能なエリア(主に首都圏)であれば訪問営業させて頂いております。また、遠方の企業様に関しては、オンライン(Web会議など)でのご商談もさせて頂いております。

Q.

BtoB事業を行っているのですが、顧客への提案は可能ですか?

open

A.

ご検討されている内容により最適なご提案をさせて頂きます。
まずはご相談下さい。

Q.

ライセンスが切れたらどうなりますか?

open

A.

ライセンス期限が切れた時点でご利用できなくなります。
Robo-Patの場合は毎月ライセンスキーの案内メールが届きます。
WinActorの場合は、年間ライセンスが切れる前にご案内を差し上げます。

Robo-Pat

Q.

どのような業務に活用できますか。

open

A.

キーボードとマウスで操作する作業であれば、ブラウザ、グループウェア、クラウドサービス、独自開発システム、レガシーシステムなど、すべて使うことができます。それらを横断する作業にも使えます。

Q.

どのような特長がありますか。

open

A.

画像認識でのロボ作成が中心のため、操作がわかりやすく、専門の知識が不要な点です。使えるアプリやブラウザの制限がなく、幅広いパソコン業務の自動化ができます。

Q.

他のRPAツール・他のソフトとの違いはなんですか?

open

A.

1ライセンス単位での月額課金のため、繁忙期などに併せて月単位でのライセンスの増減ができるため柔軟な運用が可能です。

Q.

どのくらいの稼動削減の効果がありますか。

open

A.

自動化する業務の処理方法や処理ボリュームによって異なってきます。そのためトライアル期間で評価頂くことをお勧めしております。

Q.

どんなソフト、ブラウザでも使えますか?

open

A.

パソコンの中で、マウスとキーボードを使って操作する作業は、すべて自動化出来ます。Internet Explorer、Chromeなど、Webブラウザの種類も問いません。

Q.

Robo-Patの導入に必要な環境を教えてください。

open

A.

動作環境は以下の通りとなります。
OS:Microsoft Windows 7, 8, 10 (32bit, 64bit 対応可)
Windows Server 2008, 2008R2, 2012, 2012R2, 2016
CPU :2.40GHz 以上
メモリ :2GB 以上
HDD :1GB 以上

Q.

タブレット、スマホでも使えますか?

open

A.

Windowsパソコンでのご利用が前提となります。

Q.

インストールするパソコンは、インターネットで外部に接続している必要はありますか?

open

A.

PC単体で稼働するので、ネットワークに接続している必要はありません。

Q.

管理・実行サーバーが必要ですか?

open

A.

サーバーをご用意する必要はありません。

Q.

Robo-Patの作動によって、PCに負担がかかりませんか?

open

A.

動作環境は以下の通りとなりますので導入する環境と併せてご確認ください。
OS:Microsoft Windows 7, 8, 10 (32bit, 64bit 対応可)
Windows Server 2008, 2008R2, 2012, 2012R2, 2016
CPU :2.40GHz 以上
メモリ :2GB 以上
HDD :1GB 以上

Q.

Robo-Patのインストールによって、セキュリティソフトなどの他のソフトを阻害しませんか?

open

A.

トライアル期間中にご確認頂くことができますので、ぜひ実際にお確かめください。

Q.

ファイルやアプリケーションを直接起動させることもできますか?

open

A.

可能です。例えば、「画面上のアイコンを画像認識して、ブラウザを起動」など、人が操作するのと同じように動作させることができます。

Q.

いくつものウィンドウ、もしくは複数のアプリケーションをまたいだ作業はできますか?

open

A.

可能です。例えば、「メールでも届いたレポート結果をExcelに転記し、集計を作成して、メールで自動配信」など、操作を複数組み合わせることで多種多様な業務に適応できます。

Q.

社内の他部署にも公開できないデータを扱っても大丈夫ですか?

open

A.

その部署に設置されているPCにインストールする「スタンドアロン型」なので、その部署だけで管理したい機密情報を扱うことができます。ネットにつながずに扱うことも可能です。

Q.

ログインパスワードなど、秘匿情報を隠すことはできますか?

open

A.

可能です。秘匿したいパスワード等の入力を扱う専用の機能を備えています。

Q.

エラーが発生した場合はどのような動きになりますか。

open

A.

エラーが発生した場合の処理を設定することができます。
例えば、エラー発生時は指定のメールアドレスに通知メールを発信するといった設定も可能です。

WinActor

Q.

どのような業務に活用できますか。

open

A.

Windowsで操作可能なあらゆるアプリケーションに対応しています。IE・Office製品はもちろん、ERPやOCR・電子決済・個別の業務システムまであらゆるアプリケーションの操作が可能です。

Q.

WinActorにはどのような特長がありますか。

open

A.

複数パターンのロボ作成方式の組み合わせと、フローチャート方式でのロボ作成手順により、複雑な業務処理にも柔軟に対応できる点です。大量データの高速処理も得意としております。情報システム部門やエンジニア主導の場合におすすめです。

Q.

他のRPAツール・他のソフトとの違いはなんですか?

open

A.

複数パターンのロボ作成方式を組み合わせることができるので、柔軟なロボ作成が可能な点です。Windowsやブラウザとの親和性により、大量のデータの高速処理もできます。RPAの国内シェアNo.1で、NTTの特許技術によってGUI上での操作を実現しています。

Q.

どのくらいの稼動削減の効果がありますか。

open

A.

自動化する業務の処理方法や処理ボリュームによって異なってきます。そのためトライアル期間で評価頂くことをお勧めしております。

Q.

どんなソフト、ブラウザでも使えますか?

open

A.

Windows端末で実行可能な多くのアプリケーションに対応しています。IEやWord、Excel、基幹システム、Webなどアプリケーションを横断して自動化することができます。
対象のソフト、ブラウザによりシナリオの作成パターンが選択できます。

Q.

WinActorの導入に必要な環境を教えてください。

open

A.

動作環境は以下の通りとなります。
OS:Microsoft Windows 7 Professional SP1
Microsoft Windows 8.1 Professional update1
Microsoft Windows 10 Professional
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
CPU:2.5 GHz 以上の x86 または x64 プロセッサー
メモリ:2.0GB 以上
HDD:空き容量3.0GB 以上
画面:1024× 768 が表示可能であるもの
サウンド:シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカを含む) ※音機能を使わない場合には不要
ウェブブラウザ:対象となる業務アプリケーションがInternet Explorer を使用する場合には、対象ブラウザはMicrosoft Internet Explorer (以下、IE)のバージョンは11 であること。

Q.

タブレット、スマホでも使えますか?

open

A.

Windowsパソコンでのご利用が前提となります。

Q.

インストールするパソコンは、インターネットで外部に接続している必要はありますか?

open

A.

PC単体で稼働するので、ネットワークに接続している必要はありません。

Q.

管理・実行サーバーが必要ですか?

open

A.

クライアント型RPAなので、環境構築が必要ありません。トランザクション数により課金が発生することもなく、年間ライセンス費用のみで、シナリオ数・処理量とも量的制限なく使用することができます。

Q.

WinActorの作動によって、PCに負担がかかりませんか?

open

A.

動作環境は以下の通りとなりますので、トライアル期間で実際にお確かめ頂くことをおすすめします。
OS:Microsoft Windows 7 Professional SP1
Microsoft Windows 8.1 Professional update1
Microsoft Windows 10 Professional
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
CPU:2.5 GHz 以上の x86 または x64 プロセッサー
メモリ:2.0GB 以上
HDD:空き容量3.0GB 以上
画面:1024× 768 が表示可能であるもの
サウンド:シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカを含む) ※音機能を使わない場合には不要
ウェブブラウザ:対象となる業務アプリケーションがInternet Explorer を使用する場合には、対象ブラウザはMicrosoft Internet Explorer (以下、IE)のバージョンは11 であること。

Q.

WinActorのインストールによって、セキュリティソフトなどの他のソフトを阻害しませんか?

open

A.

事前に評価用ツールでご確認頂く必要があります。

Q.

ファイルやアプリケーションを直接起動させることもできますか?

open

A.

可能です。WinActorをコマンドラインから起動することで、指定したシナリオファイルを起動時に開く、起動後にシナリオ実行する等のオプション起動ができます。

Q.

いくつものウィンドウ、もしくは複数のアプリケーションをまたいだ作業はできますか?

open

A.

可能です。例えば、「Excelの住所データからWebで地図を検索し、Wordに貼り付け、メールを送信」など、操作を複数組み合わせることで多種多様な業務に適応できます。

Q.

作成・保存できるシナリオの数に制限はありますか。

open

A.

作成・保存できるシナリオの数に制限はございません。

Q.

シナリオの定期実行は可能でしょうか。

open

A.

Windows標準のスケジューラを利用して定期実行をすることができます。

Q.

ログインパスワードなど、秘匿情報を隠したいです。

open

A.

設定により対応可能です。

Q.

エラーが発生した場合はどのような動きになりますか。

open

A.

エラーダイアログを表示してシナリオを停止します。エラーが発生した際のリアクション操作をシナリオに記録しておくこともできます。

Q.

試用版で作成したシナリオは、製品版でも使用可能ですか?

open

A.

使用可能です。試用版で作成したシナリオには有効期限が付与されますので、製品版でシナリオを開き有効期限を削除してご利用頂くことができます。

RPA☓OCR

Q.

RPAとOCRを連携させると具体的にどのような業務を効率化できますか?

open

A.

これまで人が書類を見ながらパソコンに入力作業していたような処理を自動化することができます。
OCR ⇒ 書類の文字をデータ化
RPA ⇒ データ化した情報を社内システムに自動入力 等
<自動化できる具体例>
・FAXで届いた受注伝票の内容を社内の受発注システムに入力
・セミナーなどで回収したアンケート結果をエクセルでとりまとめ
・過去の書類をデータ化してテキストデータとして保存

Q.

他社のRPA☓OCRのソリューションとどこが違いますか?

open

A.

お客様ごとに異なる用件によりRPA、OCR、RPA+OCRと最適な範囲でご提案させて頂いております。
また、最終的にはお客様自身でつかいこなして頂くことを目標としたご提案や、個別のトライアル支援、導入サポートをさせて頂いております。

Q.

RPA☓OCRソリューションを導入する場合、気をつけることはありますか?

open

A.

まずは社内での枠割分担(決裁者、推進リーダー、実務担当者など)と、導入是非の判断基準を明確にしておく必要があります。

Q.

RPAとOCRを導入する場合、期間はどのくらいかかりますか?

open

A.

最短でトライアル含めて1ヵ月程度で本導入を始められます。そのためには事前に対象業務の洗い出しや業務フローの確認が重要となります。

Q.

導入コストはどのくらいかかりますか?

open

A.

おおよその初年度コストとして、
RPA=100万円程度~
OCR=270万円程度~ ※2年目以降120万円~
程度の費用が必要となります。
特にOCRについては一定数以上の書類処理ボリュームが無いと費用対効果が望めないケースもあるため、詳しくは問い合わせフォームからご相談下さい。

お問い合わせ

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。