無料でお役立ち資料をダウンロード

【人事・総務向け】RPA導入に向いている業務は?事例で学ぶ活用方法

  • 働き方改革
  • 総務
  • 人事

働き方改革が浸透し、業務効率化や生産性の向上に取り組む企業が増加すると共に、「RPA」という言葉を見聞きするようになってきました。
RPAとは、ロボットを活用して業務プロセスを自動化することを指します。
資料作成やシステムへの入力作業が多い業務に向いており、主にデータ入力などの定型業務に取り入れられています。
近年では、人事・総務部門で「従業員の勤務状況の確認」「入社・退社の手続き」「派遣社員の契約手続き」などに用いられるようになってきました。
今回は、RPAが人事・総務業務とマッチする理由や、自動化できる業務、RPA導入のコツ、導入事例などを紹介します。

目次

    • はじめに
    • RPAとは
    • RPA×人事・総務の業務がマッチする理由
    • RPAで自動化できる人事・総務の業務給与計算
      ・社員の勤務状況の確認
      ・入社・退社の手続き
      ・派遣社員の契約手続き
    • RPA導入事例
      ・A社(通勤手当認定、防災計画作成)
      ・B社(源泉徴収精算)
      ・C社(週報集計)
      ・D社(人事データの入力)
    • RPA導入のコツ
      ・業務の見える化を徹底する
      ・現場が率先してRPA導入に取り組める環境をつくる
      ・5つの視点でRPAソフトを検証する
      ・RPAを導入した先の展開まで見据えておく
    • おわりに
会社名必須
名前必須
E-mail必須
電話番号必須

※フリーメールはご利用いただけません。
※同業他社様からのダウンロードはご遠慮いただいております。

個人情報保護方針」「個人情報の取扱い」に同意の上、上記のフォームにご入力をしてダウンロードボタンをクリックしてください。



SiteLock

このメールフォームは個人情報保護のためSSL暗号化通信により保護しており、情報の改ざん・漏えいなどの危険から守られ、安全に通信することが出来ます。

関連資料

お問い合わせ

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。