深刻化する人材不足。その原因と改善策を解説!

日本や外国にある企業の多くは、人材不足が深刻化しています。人材不足なら、改善策として「なぜ雇わないのか」という声が出そうですが、人材不足と言っても少子高齢化や、有効求人倍率の増加など原因はさまざまです。そのため、自社や業界がなぜ人材不足なのか原因を分析し、改善策を検討しなければなりません。 この記事では、人材不足に悩んでいる企業に向け、人材不足の原因や企業に与える影響を解説します。その上で、人材不足の原因の改善点や、改善に効果的なITツールについて紹介しますので、参考にしてみてください。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
知識

目次

  1. 人材不足が深刻化する原因
  2. 人材不足が企業に及ぼす影響
  3. 人材不足の改善策
  4. 人材不足を解消するITツール
  5. まとめ

人材不足が深刻化する原因

人材不足に悩む企業が増加しています。改善策を解説する前に、まずは人材不足の原因を確認しておきましょう。

少子高齢化

日本企業が人材不足である原因に、少子高齢化が挙げられます。子どもが少なく、高齢者が多いということは、将来的な労働人口も減少する原因になります。人材不足の改善策として働き方改革が注目されますが、少子高齢化の根本的な改善策にはならないでしょう。

有効求人倍率の増加

厚生労働省の論文によれば、有効求人倍率は2020年は1.18倍、2017年は1.5倍で求職者1人あたり1件以上の求人があり、仕事の方が多い状況です。スキルや経験のある人材は、より条件の良い企業を求めるため、多くの企業では人材不足が深刻化する原因になっています。

採用コストの高騰

採用コストの高騰で、積極的に採用活動ができないことも、人材不足を解消できない原因です。大手と比べて中小企業は知名度が低いため、認知を拡大したい一方、高騰する採用コストと折り合いがつかず、どうすればいいのかと悩む方も多いのではないでしょうか。

業種による深刻度の違い

人手不足の原因や課題は、業界によって異なります。例えば、市場が拡大するIT業界は、人材の需要は増える一方、採用や育成が追いつかず人手不足の原因となっています。若年層や非正規雇用の多い飲食業界は、短期離職率の高さが顕著で、慢性的な人材不足が続いています。

人材不足が企業に及ぼす影響

改善策が求められるほど、人材不足は企業の業績や規模などに影響する原因となっています。

事業の縮小

人材不足の企業は、多くの業務をこなせないので、事業を縮小しなければなりません。雇用すれば人件費がかかるため、事業が拡大できない企業も増えています。特に中小企業は、人材不足と事業承継の問題が重なることが多く、早急な改善策が求められています。

新規事業の拡大が困難になる

人材不足が続くと、現状の事業維持で精一杯になり、新しい事業を始めることが難しくなります。アイデアが浮かんでもビジネス化できないので、チャンスを逃す原因にも。人材不足の改善策を検討して、新しいサービスや製品を生み出す土台をつくりましょう。

残業時間の増加

人材不足が原因で、残業時間が増加することがあります。限られた人材で業務を回すと、1人あたりの負担が増えるからです。業務時間内に終わらなけば残業となり、残業時間に比例して残業代も増えるので、企業にとっても負担になる原因になります。

社員のストレス増加

人材不足によって、業務量や範囲、残業時間が増えれば、社員のストレスが増える原因になります。慢性的にストレスを感じる職場では離職を考える社員が増え、さらに人材不足が深刻化する原因に。人材不足の悪循環に陥らないよう注意しましょう。

人材不足の改善策

深刻化する人材不足は、多くの業界や企業に影響を与えています。人材不足の原因を分析して改善策を検討し、より良い労働環境を整えましょう。

アウトソーシングの活用

人材不足の改善策として、アウトソーシングを活用する方法があります。自社で対応できない業務に、BPOやフリーランスを活用すれば、コストの削減も可能です。繁忙期や受注の増加時のみ活用できるので、一時的な人材不足を補うことも可能です。

業務プロセスを見直す

業務プロセスを見直して生産性を向上させ、企業収益を高めることができれば、人材不足の有効な改善策になります。業務全体を洗い出して、無駄な業務の削減、手順の変更をするほか、自動化や効率化によって業務時間を短縮することも効果的です。

ITツールの導入

ITツールを導入することで、手作業で対応している業務を効率化できます。原因別に幅広い対策ツールがあるので、導入目的を明確にして最適なものを選択しましょう。人材不足の改善策として、ITツールは効果を発揮するに違いありません。

人材不足を解消するITツール

ITツールは、人材不足の改善策として注目されています。人材不足の原因を解消するツールを4つ紹介します。

RPAツール

RPAはロボットが業務を自動化するツールです。業務時間を短縮して他業務に時間を使う、人為的ミスを予防する、24時間稼働できるメリットがあり、人材不足を解消します。生産性を向上させることで、残業時間の軽減に繋がるため、人材不足の改善策として期待できます。

RPA導入事例集
13社分の事例をご紹介。

クラウドストレージ

人材不足の改善策として、テレワークを導入する企業が増え、クラウドストレージが注目されています。データをオンライン上に保存するので一元管理ができたり、場所を問わずにアクセスできたりと、多くのメリットがあります。自動バックアップ機能があるサービスは、データが消失する原因を取り除きます。

チャットツール

チャットツールは、メールよりも手軽にコミュニケーションが取れるので、ITリテラシーが原因でIT化が進まない企業にもおすすめです。カスタマーサポートでは、AIボットを活用して顧客とコミュニケーションするなど、人材不足の改善策になっています。

勤怠管理システム

限られた人材や時間で生産性の向上を目指すために、勤怠管理システムで誰がどのくらい働いているかを可視化しましょう。人材不足が企業の成長を阻害する原因にならないよう、従業員の意識や労働環境の改善策、解決策として活用することが求められています。

まとめ

日本では多くの業界で、人材不足は深刻な課題です。2021年の帝国データバンクによる調査によると、37.2%の会社が正社員が不足していると回答しており、人材不足の改善策が求められています。

人材不足の原因の究明、改善策の検討が進み、2018年に成立して2019年から施行された「働き方改革関連法」では、人材不足の改善策として生産性の向上に焦点があたっています。自社の人材不足の原因を理解して改善策を検討すれば、限られた人材や時間でも成長することができるでしょう。業務効率化を目指して、ITツールの導入から始めてみてはいかがでしょうか。

RPA導入事例集

業務効率化 働き方改革 自動化 生産性向上 内部統制
エンジニア 管理職 総務 人事 営業事務 経理 経営者 IT担当者

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

まずはご相談

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。

無料セミナー情報のご登録

こちらのフォームよりご登録頂くことで、無料セミナー情報や

その他お役立ち情報を定期的にお送りいたします。

*チェックボックスをチェックしてください

 お役立ち資料をダウンロード

 まずは無料で相談

 資料ダウンロード

 無料相談する