手書き文字を瞬時にデータ化! AI-OCRとは?

OCRとは、印刷された文字や手書き文字を含む画像データから文字情報を抽出し、コンピューターが認識できる文字コードに変換する技術です。紙でしか保存されていないさまざまな書類を検索可能な文字データに変換するのに役立ち、多くの企業で導入されています。このOCRがさらなる進化を遂げたのがAI-OCRです。今回は、AI-OCRの特徴やRPAとの連携について解説します。

公開日公開日:
カテゴリーカテゴリー:
入門編

目次

  1. AI-OCRとは?
  2. AI-OCRの認識精度は?
  3. RPA×AI-OCRで手書き帳票業務の効率UP
  4. まとめ

AI-OCRとは?

AI-OCRとは、従来のOCRがAIによって進化した技術です。これまでのOCRからさまざまな機能が進化し、より使い勝手がスムーズになっています。

AIによって従来のOCRの弱点を克服

OCRにAIのディープラーニングを取り入れることで、従来のOCRにいくつかあった弱点を克服できるようになりました。

日本語・手書き文字の認識精度が向上

AI-OCRでは、従来のOCRに比べて日本語や手書き文字がより正確に認識できるようになりました。日本語には漢字、ひらがな、カタカナとさまざまな種類があることから、従来のOCRでは誤認識も多く、精度に限界がありました。しかし、AIによって認識機能が向上し、さまざまな言語が混在した文章やくせの強い手書き文字、書き損じまで、高い精度で認識できるようになりました。

座標の設定がスピーディーに

従来のOCRで手間となっていた「帳簿の読み込む文字が配置されている座標の設定」が一部のAI-OCRでは不要です。座標設定が不要なソフトウェアであれば、AIが座標を自動判別するため、従来では1時間程度かかっていたテンプレートの設定も数分で済むなど、スピーディーな設定が可能になります。

フォーマット登録の手間軽減

従来のOCRは書類ごとに定形フォーマットの登録が必要でしたが、一部のAI-OCRには自動でフォーマットを認識し、必要なデータを正しく読み取る機能が搭載されているものもあります。請求書のように会社によってフォーマットが異なる帳票も、都度登録することなく一気に処理することができます。

AI-OCRの認識精度は?

高精度を誇るというAI-OCRですが、実際のところ認識精度はどの程度なのでしょうか? ここでは、AI-OCRソフトのDX SuiteのIntelligent OCRを例に挙げながら解説します。

書き損じ・取り消し線

手書きの文書によくある書き損じや取り消し線があっても、正確な認識が可能です。

記号を含む文字列

帳簿や請求書に▲や¥といった記号が含まれている場合でも、問題なく読み取ることができます。

アルファベット

大文字や小文字が混在したアルファベット表記でも、それぞれ判別して正しく認識します。

複数行にまたがる長文

文章の途中に改行やスペースが入った長文でも、スムーズに認識できます。

RPA×AI-OCRで手書き帳票業務の効率UP

RPAとはRobotic Process Automationの略で、データ入力などの定形作業を自動化する技術のことです。このRPAとAI-OCRを組み合わせることで、手書き帳票が絡む一連のワークフローを自動化、業務にかかる工数を大幅に削減できます。

手書き申込書の入力作業

AI-OCRで読み取った手書き申込書の必要事項をRPAで基幹システムに自動入力することが可能です。RPAだけでは申込書の内容を目視し手作業でデータ入力する必要があり、OCRだけでは読み取ったデータの誤字脱字をチェックの上、システムに入力する手間がかかりますが、AI-OCRとRPAを組み合わせれば、読み取りから入力まで一連の作業を自動化、大幅に作業効率を改善することができます。

FAXで届いた伝票の受注処理

AI-OCRならFAXで受信した不鮮明な受注伝票のデータも自動でクリーンアップし、正確に読み取ることができます。AI-OCRは紙帳票をスキャンする際に必ず生じるズレや不鮮明な箇所も自動で補正してくれるため、読み取りにかかる手間を大幅に削減、大量の帳票をよりスムーズに処理できます。AI-OCRが受注内容を正確に読み取り、RPAが自動でシステムに入力することで、これまで受注処理に必要だった人的リソースをその他のコア業務に回すことができます。

セミナーアンケートの集計

膨大な枚数のセミナーアンケートも、AI-OCRで読み取りRPAで集計処理することで、即日報告も可能となります。アンケートにはチェックボックス、自由回答などさまざまな回答形式がありますが、そのそれぞれに対応でき、手書きのアンケートの乱筆文字も、AI-OCRなら正確な認識が可能です。

※業務効率化ツールについて詳しくはスターティアレイズ「役立つ業務効率化ツール15選 RPAとの組み合わせでさらに躍進」をご覧ください。

まとめ

文字認識の精度が格段に向上したAI-OCRは、RPAとの組み合わせによって手書き伝票などがかかわる業務の効率化が期待できます。RPA×AI-OCRは処理する書類・帳票に一定のボリュームがなければ適切な費用対効果が得られないこともあります。導入に際しては、費用対効果を見極めて自社にあったものを選ぶことが重要です。

※詳しくはスターティアレイズ「RPA☓OCRソリューション」をご確認ください。

業務効率を飛躍的にあげるAI-OCR入門ガイド~RPAとの組み合わせでさらなる効率化が可能に!?~

業務効率化 自動化 生産性向上
管理職 総務

資料を無料でダウンロードいただけます。ぜひ、社内共有や業務改善にお役立て下さい!

お問い合わせ

「何から始めたらいいか分からない」「自社に合った製品が分からない」「トータルの費用が知りたい」
「他社サービス・製品と比較したい」など、お困り事をなんでもご相談ください。